パリ・東京生活          旅行気分と幸せ探しを心がけながら送る私の日記


by mimoringk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:美術館など( 10 )

fiac

21から4日間行われたfiac(国際コンテンポラリーアートフェア)に行ってきました。
とても賑わっていて、来場者の年齢層も様々で、会場も盛り上がっていてさすがパリと思いました。

すてきなアーティストを見つけました。
otobong Nkanga
パリ生まれアントワープで活動をする女性アーティスト
c0176981_90305.jpg

色使い、質感と重みリアリティーがありながらオシャレでポップでユーモアもたっぷり
人目で好きになりました。
たくさんの作品を見てみたいなあ。

Chantal Joffe
思ったとおり!ロンドンで活動してる女性アーティスト
c0176981_98135.jpg
c0176981_98461.jpg

ロンドンっぽいファッショナブル感が漂っていてかっこいいです。

Marlène Mocquetフランス人女性アーティスト
動物やオブジェを可愛い色使いとタッチで描いていて、可愛いけどちょっと寂しさのような
ものがあってステキです。

わくわくした夜でした。
c0176981_921122.jpg

[PR]
by mimoringk | 2010-10-22 21:53 | 美術館など

きれいで可愛い

c0176981_7383781.jpg

c0176981_747146.jpg

Louvre美術館で見ることができます。

まだ見逃しているいろんなものがこの美術館にはあるんだろうなあ。
[PR]
by mimoringk | 2010-05-26 07:49 | 美術館など

pompidouで充電

ポンピドゥーセンターの中にある近代美術館や映画館に行き放題になる
年間パスを持っているので、よく行きます。

パリに旅行で遊びに来たとき、「パリに住めば面白い展示をたくさん見ることが
出来るよなあ」と憧れました。
今では幸運なことに近くに住んでいて、夢のようです。

絵や彫刻などを見ることはとっても楽しくて、静かな興奮状態になれる素晴らしい
ひと時ですが、同時にとても疲れます。
エネルギーを使いながら、新しいエネルギーを生み出しているような感じ。
(献血すると、血液を採られる分新しい血液を作り出すから体に良いなんて聞いた
ことがあるけれどそんな感じかな、なんて今ふと思いました。)

c0176981_5581062.jpg

























地下では作業中。何が出来上がるのかな。c0176981_604125.jpg
[PR]
by mimoringk | 2009-10-12 18:40 | 美術館など

ネモおじさんの赤い風船

20区で開催中のArt urbainというエクスポジションに行ってみました。
白い人の絵を描くJérôme MESNAGER、二人組みで動物を描くMOSKO et associé、
黒い男と赤い風船が印象的なNEMOらの作品、そして彼らが壁に描いた絵をGérard FAUREが撮影した写真をたくさん見ることができました。

NEMOさんの作品は心が躍ります。とっても大好き。
c0176981_3544028.jpg














c0176981_44175.jpg














ふわふわ飛んでいきそうな白い身体 
MESNAGERさんはいつも白で描いているようです。
c0176981_46040.jpg














おもしろい!動物たちはホンモノみたいに描いてあってユーモアたっぷり
c0176981_481313.jpg














c0176981_411069.jpg














本来なら壁に描いてある彼らの作品なので、一度にたくさんみることができる
貴重な機会のうえに、5本のミニドキュメンタリーが小さなシアター部屋で見ることが
できます。
子供から大人までを笑顔にする彼らのユーモアたっぷりな作品と20区を愛する
気持ちに心がいっぱいになりました。

FAUREさんの写真
c0176981_4182762.jpg














Art urbain
2009年8月29まで

Pavillon Carré de Baudouin
121 rue de Menilmontant 75020
無料
火~土11h~18h

c0176981_4224445.jpg














c0176981_427172.jpg
[PR]
by mimoringk | 2009-07-16 20:50 | 美術館など

骨の大行進

c0176981_183218.jpg














植物園の中にある、国立自然史博物館のひとつ、比較解剖学・古生物学展示館
Galerie d'Anatomie comparée &de Paléontologieへ行ってみました。

骨になっても表情があるように見えて、面白かった。

さまざまな動物たちの臓器の展示もあって、オオカミの胃袋は小さくて
きれいだな~と側で見ることができたのですが、心臓や脳のコーナーは
少し怖くて陳列ケースから離れてじっくり眺めました。

シュヴァンクマイエルの映画みたいに、骨が一斉にかけっこしたり
ホルマリンの瓶の蓋が外れて、一斉に臓器が飛び出したりするのを
どうしても想像してしまう展示館でした。

こんなふうにかわいい展示も沢山!生きていた頃の動きが想像できます。
c0176981_1816642.jpg














とても綺麗な色の貝、アクセサリーみたい。
c0176981_1815433.jpg














物体(骨や臓器や)で形成されている生物の儚さを感じながらも
生命の神秘や力強さも改めて感じることが出来ました。
長い歴史があって、今この瞬間、自分がここにいる奇跡に感謝と
喜びを感じます。

Galerie d'Anatomie comparée &de Paléontologie
2,Buffon 75005
平日10:00~17:00 火休
土日、4月から9月の休日10:00~18:00
[PR]
by mimoringk | 2009-06-01 18:00 | 美術館など

Musée de la Poupée

人形博物館へ行ってみました。
看板もちょっとかわいい。
c0176981_5413465.jpg










1800年代からのお人形たちが、パリの様々な生活風景をバックに
展示されています。
お人形はもちろん、洋服や小さな小物の可愛さに心ときめかせながら
単なる“かわいい”ではなく、ちょっぴり不思議で不気味な雰囲気も
素敵でした。
c0176981_3553696.jpg











c0176981_3563236.jpg











c0176981_3572135.jpg











↑ 購入したポストカードを撮ってみました。
 こんな感じのお人形たちにたくさん会えます。 

子供たちがたくさん見学に来ていたけれど、大人も十分に楽しめる
空間なのでHPなどを覗いてみて気になったらぜひ!!
c0176981_5471433.jpg人形博物館
Musée de la Poupée 
impasse Berthaud 75003
10:00~18:00
月,祝日休
大人:7€ 3~18歳:3€

バービー展
Rêve ta vie avec Barbie 
~2009年9月20日
[PR]
by mimoringk | 2009-04-21 13:37 | 美術館など

毎月最終火曜

c0176981_8142469.jpg













JEU DE PAUME(Hôtel de Sully)で行われている写真展へ
行ってきました。
とっても好きな写真ばかりで、へらへらニヤニヤしながら見たり
ゾクゾクして立ち止まったり。
「Paris,capitale photographique 1920-1940 collection Christian Bouqueret」
~2009年5月24日まで

JEU DE PAUME(Hôtel de Sully)
62,rue Saint-Antoine 75004
火~金 12:00~19:00  土・日10:00~19:00
月休
毎月最終火曜の17時以降、学生と26歳以下の人は無料
[PR]
by mimoringk | 2009-03-31 17:11 | 美術館など

ゴドーを待ちながら

c0176981_7284587.jpg パリで初めて劇場へ行って来ました。今気がついたけれど、そもそも自分でチケットを買って一人で演劇を見ること自体人生で初めてでした。見に行ってみて良かった~。音楽や演劇、映画などなどに触れると心が一杯になります。

写真は、劇場から出てきた時にパシャリ。こじんまりしてるけれど、内装は古めかしくかつ上品ゴージャスでした。
 
 ずっとずっと見てみたかったサミュエル・ベケットの『ゴドーを待ちながら』 日本でも時々上演されているけれど、見る機会を持てなかったのでパリでは絶対に見ようと思っていました。
 大学時代、大好きで尊敬している教授の授業で扱ったのが出会いで、心に残るというより「なんなの?」とひっかかる、気にかかる、こびりつくという言葉が私の気持ちには近いかなあ。取るに足らなくて、なんでもなくって、でも宇宙のように広くて、切なくて、哀しくて、滑稽で・・・そっけなさそうなのに爆弾みたいな作品のように感じています。
 私にとっては全く知らない作品の演劇を鑑賞することはまだ難しすぎるので、これからしばらく『ゴドーを待ちながら』の上演予定を見つけたら欠かさず見てみよう。演じる人たちによって作品のイメージもきっと変わるしね。

『En attendant Godot』
Samuel Beckett
Mise en scène : Bernard Levy
~28 mars 09
athénée Théâtre Louis-Jouvet
[PR]
by mimoringk | 2009-03-15 18:11 | 美術館

素敵な絵

c0176981_685155.jpg フジ子・ヘミングの描いた絵を見に小さな
展示会に行ってみました。いくつか画集や
絵本を出しているようだけど、全く見たこと
がなかった彼女の絵だけど、すっかり大好き
になってしまいました。

強くて凛としているだけじゃなくて、とっても
チャーミングな女性なんだなあと思いました。
優しくて幸せでかっこいい絵だったので、

涙が出るくらい、幸せいっぱいな気持ちに
なれる素敵な絵です。
[PR]
by mimoringk | 2009-03-07 15:01 | 美術館など
なんて素敵なんだろう。
ずっと心惹かれていた狩猟自然博物館へようやく行ってきました。

私の大事なお気に入りの場所になりました。

イノシシの部屋、ユニコーンの小部屋、ウマの部屋・・・などなど動物ごとに分けて
美しく展示してあるスペースが、ゆったりとした優雅な静けさと雰囲気の中で続きます。

丁寧に大切にそっと飾られている動物たち、豪華なインテリア、そしてその空間に、
息を潜めドキドキと緊張しながら、その穏やかな迫力と美しさに感動しました。
とても素敵。
c0176981_883736.jpg














c0176981_2535769.jpg
c0176981_251417.jpg













62, rue des Archives 75003
火~日   11:00~18:00
月曜・祝日 閉館
6€/4.5€
[PR]
by mimoringk | 2009-02-28 14:03 | 美術館など