パリ・東京生活          旅行気分と幸せ探しを心がけながら送る私の日記


by mimoringk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:映画( 6 )

お茶漬けの味

今日はSaint-Sulpiceにある映画館L'Arlequinのシネクラブで
小津安二郎の『お茶漬けの味』を観てきました。
仏題は『Le Gout du riz au the vert』です。

本当に素晴らしい映画でした。
俳優陣はみんな素敵だし、映像もかっこいい。

そして何より、監督は映画によって生き様というか“人間味”を浮きあがらせていて、
観ている側はそれを“実感”に似た感覚で感じてしまう。なんという素晴らしい映画的体験。

自分以外の人の人生は味わえないし、文字や音で説明できないものを
「映画」は味あわせてくれるのだということを改めて実感できた、素敵な日曜日でした。

ああ、小津安二郎映画を全部映画館で見たいなあ。

c0176981_983226.jpg

[PR]
by mimoringk | 2011-03-06 13:53 | 映画

Des Hommes et des Dieux

今日観た映画
『Des Hommes et des Dieux』
c0176981_6244258.jpg


謎を残したままの1996年に起こった事件を映画化した作品で、
2010年カンヌ映画祭グランプリ受賞。

あらすじ~
舞台は1990年代のアルジェリア。
7人のフランス人キリスト教修道士たちは
イスラム教徒である村の人々と共生していた。
しかし、イスラム原理主義の過激派グループによるテロが起き、
アルジェリア国内で内戦状態へ。
身の危険が迫る中、彼らはある決断をする……。


とくにタイトルが出るあたりの映像(修道士たちの後姿の映像)が美しくて
印象的に残っています。
穏やかにと静かに力強く、人間らしく様々な感情を抱えてその時を生きている
人々の生き様、表情そしてそれらを緊張感とともに描いている映像が心を打ちました。

修道士を演じた俳優人、本当に素晴らしかった。

多くの人に見る機会を与えるべき映画だと思いました。
[PR]
by mimoringk | 2010-09-24 13:21 | 映画

Benda Bilili !

今日見た映画
『ベンダ・ビリリ!』
c0176981_642698.jpg


コンゴの路上からやって来た、手作り楽器で誰にも真似できない音楽を演奏する車椅子4人と松葉杖1人を含むバンドStaff Benda Bilili
困難や挫折を乗り越えながら、2009年にアルバム『très très fort』を世界発売し、大々的な成功をおさめるまでの5年間をおさめたドキュメンタリー映画です。

ベンダ・ビリリのかっこいい演奏シーンを楽しみに映画を見に行きました。
戦争による混乱と貧困の中で響く音楽は力強くきらきらしていて、音楽が持つパワーを
実感しました。同時に、生きるということについて言葉では上手く表せないけれど
いろいろなことを感じました。彼らの音楽は聴くものではなく、感じるものであるように。

9/11から日本でも公開されています。
彼らの音楽に、もしくはコンゴに少しでも興味があったらぜひ!!
『Benda Bilili !ベンダ・ビリリ!~もう一つのキンシャサの奇跡』
[PR]
by mimoringk | 2010-09-20 13:00 | 映画
今日見た映画
『ブンミおじさん』
Oncle Boonmee, celui qui se souvient de ses vies antérieures
c0176981_2312175.jpg

今年のカンヌ国際映画祭でのパルムドール受賞作品です。
タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン(Apichatpong Weerasethakul)監督の作品です。

とっても不思議な映画でした。
見終えた後のこういう感覚は久しぶりで、見てよかった作品です。
映し出される映像と映し方がとても好きでした。
映画のテーマと登場人物と映画の雰囲気のバランスが絶妙だと思いました。
[PR]
by mimoringk | 2010-09-17 02:44 | 映画

今日見た映画

アニエス・ヴァルダ監督の「Cléo de 5 à 7」(5時から7時のクレオ)
見るのは2度目だけど、パリが舞台の映画は何度み見ても楽しい。
(そしてパリで見るっていうのが嬉しい)
クレオ役のコリンヌ・マルシャンも可愛くて、ミシェル・ルグランの音楽も素敵です。
ルグランやゴダールも登場するし、若々しいみずみずしい映画なのでおすすめです。
テンポの良さ、映像のかっこ良さ、お話のたわいなさ、映画全体の可愛い雰囲気、すてきです。
c0176981_2254654.jpg

[PR]
by mimoringk | 2010-04-02 02:26 | 映画

今日見た映画

ジャン・ルノワールの「Boudu sauvé des eau(素晴らしき放浪者)」
やっぱりさすがだなあと、見終わった後の満足感とやさしく穏やかな影響力に
感動しました。
1932年の映画です。

映画の上映中、3度止まってしまいました。
フィルムもしくは機材の調子が良くなかったようです。
その際、毎回会場がブーイング!!
それもちょっと面白かった。c0176981_23833.jpgc0176981_2382359.jpg
[PR]
by mimoringk | 2010-03-30 02:28 | 映画