パリ・東京生活          旅行気分と幸せ探しを心がけながら送る私の日記


by mimoringk
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

サプリメント・鉄分

c0176981_1193951.jpg














最近少し貧血気味なのとダイエット目的で、鉄分のサプリをしばらく試すことにしました。
日本ではしょっちゅうレバーとか砂肝を食べていたから貧血なんて関係なかったけれど、
そういえばほうれん草とかレバーとか最近ずっと食べていないなあ。
果物はたくさんたべているのに。

舌の下で溶かして摂るサプリメントは初めてです。
パッケージも可愛いくないですか?
[PR]
by mimoringk | 2009-08-26 01:25 | 見つけたもの

都市再開発地区

久々にLa Défenseに行ってみました。
大型スーパーのAuchan目当てだったのですが、風通しも良くて広々していてのんびりしている人が多かったです。
久しぶりに見た近代的な建物や高層ビルも新鮮でした。

新凱旋門Grande Arche
c0176981_239054.jpg














c0176981_244280.jpg














c0176981_2443888.jpg















c0176981_245111.jpg














AuchanがあるのはLES QUATRE TEMPSという大型ショッピングモールの
中なのですが、このショッピングモールには人気のアパレルショップが勢揃い
しているので便利だし楽しいです。ただ、広過ぎるので体力がある時に。
[PR]
by mimoringk | 2009-08-21 02:37 | 見つけたもの

お部屋探し@PARIS

c0176981_2121440.jpg














c0176981_2255663.jpg














去年の9月中旬にパリに着いてから約3週間、お部屋探しで毎日必死で
見つかるまで本当に不安でした。

はじめはOVNIニュースダイジェストFR‐APON
といった無料情報誌中心にお部屋探し始めました。
パリに住む友人からの薦めで、オペラにあるBOOKOFFにもちょくちょく行って
掲示板にも目を通したりもしました。
不動産を通さずに大家さんから直接借りることが出来れば、もちろん仲介手数料が
かからないで済みます。

同時に、日系不動産(LE LOUVRE ESTATEパリ不動産アポロ不動産京不動産JAFIS)などのHPをチェックしたり、実際に物件を見せてもらったりしました。

フランス人の大家さんのサンジェルマンデプレ界隈のお部屋、日本人大家さんで
あの有名なモンジュのパン屋さん側のお部屋、日本人大家さんのヴォルテール付近の
お部屋、不動産から紹介してもらったペールラシェーズ付近のお部屋を見ました。

自分が気に入った場合でも、自分の前に見学に来た人で実は決まってしまっていたとか、
大家さんが厳選した後に誰に貸すか決めて選ばれないとか、気に入る物件に出会うのも
難しいのに、勝ち取るのも簡単ではありませんでした。

そうは言っても5件目のお部屋で決まったので、パリでお部屋探しをする場合にしては
見た物件数は少ないかなと思います。

そして今回はとても親切な不動産を通してお部屋を借りることにしました。
気に入ったお部屋が見つかってしまったというのもあるけれど、
仲介手数料を払う価値っていうのはまたちゃんとあるなと思いました。
賃貸契約書(これが全て!!恐ろしい)やお部屋の現状確認なども個人間で
行うより安心です。
電気の名義変更もしてくれました。
去年お部屋を借りたときには、前の住人が出てから期間が経っていたため電気が
切れていたので自分で手続きをしました。
業者が来るまでの間、ろうそくを使った時は心細かったなあ・・・。
電気が切れてる状態っていうのは滅多にないそうですが、この1年の間に普通は滅多に
ない出来事がいろいろと起こりました(笑)。
[PR]
by mimoringk | 2009-08-18 01:33 | お部屋

私のお城

c0176981_3543132.jpg














パリに住み始めてまだ1年経っていませんが、新しいお部屋へお引越しをします。
6月末から、なんとな~くお部屋探しをし始めていました。

今住んでいるお部屋も気に入っていました。
交通の便利さはこれ以上ないのではないかというくらい素晴らしいし、家電・家具なども
そろっているし、とっても明るいので冬でもあまり寒くないし。
ひとつネックなのが、窓を開けたままだとテレビもラジオもCDも聞こえないこと。
カフェやバーが多い界隈なので、いつもにぎやかなんです。
深夜でも人通りが多いので、その点では安全な感じがしてそこもまた良かったのですが。

何気ない気持ちでお部屋探しを始めたところ、みるみる「絶対良いお部屋見つけてやる!」
という気持ちになってきて、「良いお部屋がない!大変だ、どうしよう」という焦りが生まれて
途中から必死になっていました(笑)

最終的に、とってもお気に入りのお部屋を見つけることができました。
家電は冷蔵庫だけしかないので、これから自分でそろえていくのですが
それでも新しいお部屋の生活を考えるとすてきな時間が想像できるので
とっても楽しみです。
[PR]
by mimoringk | 2009-08-17 03:38 | お部屋
お友達がムール貝を持ってきてくれました。
c0176981_7311984.jpg














市場で買ったというモン・サン・ミシェルから来たムール貝を
バターでエシャロットを軽く炒めてから白ワインで蒸してシンプルに。

美味しすぎる!!!!!!!!
ふっくらプリプリで、今までで一番美味しいムール貝でした。
身がオレンジ色に近かったです。
これからどんどん美味しいムール貝が出てくる時期だけど、モン・サン・ミシェル産
を探してみようと思います。

ムール貝は安いし、ワインでちょっと蒸すというお手軽料理なのに
豪華な気分になるし最高です。
日本にいる時もたまに作っていたけれど、日本ではムール貝は安くは
ないですよね。
[PR]
by mimoringk | 2009-08-11 07:26 | おうちごはん

L'Atlas

サンジェルマン界隈を、クスクスやタジンヌが食べられるというL'Atlasというお店を
求めてうろうろしました。
お店を見つけましたが、そこはクスクスもタジンヌもありませんでした。
「あれ?おかしいな」と思いながらも、ザ・フランスビストロ料理が並ぶメニューを見て
なかなか良さそうだったのでそこで美味しく晩ご飯。

最近私はいつもタルタル
c0176981_719227.jpg














tête de veau
c0176981_7222884.jpg














旅行でパリに来て、いわゆるビストロメニューが食べたいなあという場合には
このレストランは便利だなあと思いました。
サンジェルマンにはきっと必ず来るしね。
綺麗だし、一人でも入りやすいんじゃないかなあと思います。
L'Atlas
11, rue de Buci 75006

そして、その後、私が探していたもうひとつのL'Atlasというお店はちゃんと存在している
ということがわかりました。
ちょっと場所が違ったみたいです。
[PR]
by mimoringk | 2009-08-10 07:04 | レストラン

緑のソーダ

ディアボロマント(diabolo menthe)もしくはペリエマントは、
のどが渇いたときにゴクゴク飲みたくなります。
緑色のミントシロップを甘いソーダで(ペリエマントはペリエで)割ったものです。
大好きな飲み物のひとつです。
(他に好きなのはシャンパンとビールとワインとペリエと超硬水)
マンタロー(menthe à l'eau)というのもあるけれど、その名のとおりただの水で割ったもので
カフェなどで人気があるらしいけど私は好きではありません・・・。

カフェによって使っているミントシロップが違ったり、運ばれてくる時の形態(おおげさ)が
異なるせいか、味も満足度も違います。
値段に比例するわけでもないので「ここのディアボロマントはどうかな?」と毎度思いながら
注文したりして。

こんな風にシロップの入ったコップに自分でソーダを注ぎながら飲む方式がベスト
c0176981_6422590.jpg














もともと混ざっていてしかも氷なしだと軽くショック
あーあ、ビールにすれば良かった・・・という気持ちになります。
c0176981_6511070.jpg














カフェではディアボロ、家ではペリエで割って飲んでいます。
スーパーなどで簡単に買うことのできるミントシロップは、一般的なリキュール類の瓶と
ほぼ同じ大きさなのですが(つまり結構大きいのですが)1ヶ月半で1本消費しました。
[PR]
by mimoringk | 2009-08-08 06:37 | カフェ
ビール王国ベルギーは、最高でした。
スーパーマーケットのビールコーナーはパリより圧倒的に広くて、
日本では高い値段で売られているものがとっても安かったり、
見たことのないラベルのものも多くて見ているだけでわくわくでした。
見てるだけということはもちろんないのですが。

c0176981_073612.jpg














c0176981_082841.jpg

























アントワープでよく見かけたのがこのDE KONINCK(王様という意)です。
大好きなビールを発見できました!
一口飲んだ時、他のビールとの違いをはっきりと感じることが出来ます。
香ばしくて、コクと苦味もある上に、喉越しも良くて素晴らしいビールです。
アントワープ市内唯一の地ビールだそうです。

c0176981_0142772.jpg

























GRIMBERGEN 
グリムベルゲン修道院のビールです。
修道院のビールはそれぞれ個性的な味だと思うので、
試す度、楽しみです。
重過ぎることもなく、美味しいです。

c0176981_0253556.jpg

























おなじみのLeffeです。
パリのカフェやバー、スーパーでよく見かけますよね。
実はLeffeのブラウンタイプは好きではありませんでした。
これはブロンドタイプです。これは好き。

c0176981_0313513.jpg

























果物味のビールなんて・・・どうなんだろう?と思っていましたが、
色の可愛さに試してみたら、すっかりハマりました。
チェリービールのことをKriekというそうで、ワインに似た味わいのLambic
という種類のビールの樽の中に生のサクランボを漬け込んでつくるそうです。
喉が乾いた時やアペリティフにぴったりです。

この横に写っているおつまみ、すごーく美味しかったんです。
ブルージュののんびりしたカフェのテラスで食べました。
その後スーパーなどで似たものを探しましたが、ありませんでした。
また食べたい。

c0176981_0493144.jpg

























c0176981_053638.jpg














ブリュッセルにある、即死という名のビールブランドが店名のこのブラスリーはおすすめです。
のんびり静かにビールを楽しんでいる人ばかりでした。メニューを眺めながら飲んでいると、
次はどれにしようかなと好奇心が湧いてきてしまいます。
A LA MORT SUBITE
Rue Montagne aux Herbes
[PR]
by mimoringk | 2009-08-02 00:01 | 旅行